【チェルラーブリリオ 成分 解析】卵殻膜 美容液

チェルラーブリリオ 成分

チェルラーブリリオの全成分を解析していきます。

卵殻膜 ブリリオはほとんどの成分が美容にいい成分(肌に良い成分)でできています。
東京大学のドクターが研究に研究を重ね、やっと開発された美容液になります。
モンドセレクションも受賞していますが、危険成分や添加物はどうなのか?副作用は?
色々、チェルラーブリリオの成分に関することを根掘り葉掘り解析していきます。

チェルラーブリリオ 全成分

●全成分●
水、BG、加水分解卵殻膜、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、フラーレン、リンゴ果実培養細胞エキス、エリンギウムマリチムムカルス培養液、ムクゲカルスエキス、水溶性プロテオグリカン、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、グルコシルセラミド、スクワラン、ノバラ油、イランイラン花油、α-グルイアン、マンニトール、レシチン、グリセリン、PVP、キサンタンガム、PEG-60水添ヒマシ油、フェノキシエタノール

それでは、細かく1つ1つ見ていきたいと思います^^

・水
私たち人間の体のおよそ7割は水分できています。お肌の生まれ変わりであるターンオーバーにも水は重要!たっぷりの水分がお肌にあることで、角質細胞が剥がれ落ち新しいお肌が生まれてくるのです。美肌の基本である水分量、基礎化粧品に必ず配合されているのは当然のことと言えるでしょう。

・BG
BGとは1.3-ブチレングリコールのことです。保湿剤として配合されており、感触の良さが特徴です。ベタベタ感が少なく、同じく保湿剤として有名なグリセリンよりも軽い感触となるため、お風呂上りの保湿にもすっきり気持ち良く使えます。それだけではなく防腐剤としての効果も期待できるのがさらなる魅力。防腐剤そのものではなく、防腐効果を高めてくれる働きがあるのです。防腐剤と聞くとお肌に対してあまり良い影響を与えないイメージがあるかもしれませんが、BGは殺菌剤ではないのでお肌への負担が少なく、防腐剤そのものの配合も少量で済むため最近の基礎化粧品の多くに使われるようになっています。

・加水分解卵殻膜
一言でいうと水溶性のペプチドです。
保湿作用とアンチエイジングに大変効果的で、I型V型X型コラーゲン、グルコサミン、ヒアルロン酸などのタンパク質がおもな成分となっています。またニワトリの卵殻膜を分解して抽出する卵殻膜ペプチドはイオンチャネルやバリア効果、酸素透過性の向上などの優れた効果が期待できます。イオンチャネルとは細胞にあるイオン濃度を適度に調整してくれる仕組みのことで、肌細胞のイオンが正常であれば美肌が保たれると考えられます。バリア効果は外部からのダメージを防ぐ効果、酸素透過性向上はお肌の内側に酸素を供給する役割があり、いずれもお肌再生に抜群の効果が期待できます。お肌の再生効果があるということは傷にも効果的で、薬で古くから使われている成分でもあります。

・ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1
EGFとも呼ばれているヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1は、上皮細胞成長因子のことです。アメリカの生物学者スタンレー・コーエン博士が発見し、ノーベル生理学医学賞を受賞した本物の効果を発揮する成分だと言えます。アンチエイジングとお肌の若返りに効果大と考えられており、常にお肌に与え続けることでお肌のコンディションを良好に保つ働きをします。

・フラーレン
最近よく聞くフラーレンですが、これは炭素のみで構成されている分子のことです。60個もの炭素原子で構成されているフラーレンは強い抗酸化作用が期待できるため、フラーレンのみの化粧品も多く作られているくらい今人気の美肌成分です。化粧品の活性酸素除去のために使われる成分としてはビタミンCやビタミンE、ポリフェノールも有名ですが、水素で酸化還元反応を起こすそれらと違いフラーレンは電子で酸化還元反応を起こします。またフラーレンはそれに加え光安定性に優れ、光が当たることで活性酸化除去作用が低下してしまうこれまでの成分と違い、光や熱で簡単に作用低下してしまう心配がありません。

・リンゴ果実培養細胞エキス
その名の通りりんごから抽出されるエキスなのですが、実は特別なリンゴから抽出されています。4ヶ月間腐らないと言われている「ウトビラー・スパトラウバー」と言う西洋リンゴから抽出されたもので、化粧品に配合されている場合は主にシワへの効果が期待されています。実際人の表情ジワ減少の働きが実証されており、アンチエイジングには欠かせない成分だと言えるでしょう。細胞寿命を伸ばすため、老化が防止されるのです。
エリンギウムマリチムムカルス培養液…エリンギウムマリチマムという海洋植物の幹細胞を培養したもので、次世代の植物エキスとして今注目の成分です。シワ改善、ハリ向上、保湿効果、抗酸化作用が期待されお肌につけた瞬間に有効成分が浸透すると言われています。

・ムクゲカルエキス
植物から抽出されるエキスでアンチエイジング効果が期待できます。植物性由来のエキスのためお肌へのダメージの心配がなく、毎日使い続けられる成分です。
水溶性プロテオグリカン…水溶性の複合糖質成分で、サケの鼻軟骨から抽出されたコアタンパク質に酸性ムコ多糖が結合して出来たものです。プロテオグリカンは皮下細胞増殖に働きかける成分で、お肌の水分を保つ保湿作用が報告されています。基礎化粧品としてはもちろん、ハンドクリームやボディクリームなどの全てのスキンケア化粧品や日焼け止めクリームなどにも使われていることが多い優れた成分です。

・ヒアルロン酸Na
ヒアルロン酸ナトリウムのことで、今やスキンケア用品に欠かせない言わずと知れた保湿効果の高い成分です。なぜヒアルロン酸がこんなにもスキンケア用品に使われているかっていうと、その高い保湿力の安定性が約束されているからです。加えて安全性も高く毎日お肌に使っても安心な成分です。お肌への浸透力が高く、角質層の水分量が高くなりお肌をしっとりと滑らかに保護してくれます。

・水溶性コラーゲン
コラーゲンもスキンケアに欠かせない成分としてあらゆる商品に配合されています。コラーゲンはタンパク質の一種で、お肌の9割を占める真皮の約7割がコラーゲンで構成されています。20代以降このコラーゲンが徐々にお肌から減少することで、私たちのお肌は老化してしまうと考えられており、つまりお肌のコラーゲンを常に供給することで若いお肌が保たれると考えられています。コラーゲンが水溶性であることで、よりお肌への馴染みが良くなり効果が発揮されます。

・グルコシセラミド
お肌の水分を守る働きをしてくれる成分です。お肌の水分量が減ることでシワたるみなど老化の原因になるわけですから、お肌の潤いをできるだけ保つことでシワたるみの改善予防に効果を発揮してくれます。グルコシセラミドには整肌作用もあり、しわたるみ改善のみならずみずみずしいお肌を作ってくれるでしょう。

・スクワラン
保水作用・保湿作用の高い成分です。スクワランは天然由来の成分なのでお肌にも優しく、敏感肌の人にも使いやすいですね。皮脂と混ざり合うことで保湿効果を発揮する、課金ケア予ア品に適した成分の一つと言えます。
ソバラ油…植物性由来のオイルで、保湿性に優れています。お肌を滑らかにする働きがあり、輝きのあるお肌を作ってくれるでしょう。

・イランイラン花油
魅惑の香りを放つとして香水などで有名なイランイランですが、実はお肌への働きもあると報告されています。保湿効果、整肌作用、アンチエイジング効果があると言われておりオイルでありながら皮脂バランス調整にもたけている成分です。イランイランと言う花から抽出されているため、安心して使えるのも嬉しいですね。

・マンニトール
糖アルコールの一種で天然成分です。安全性の高さから医療現場でも使用されています。スキンケア化粧品に使われる場合は保湿作用、角質層柔軟化作用、ビタミンの安定化、変色防止が目的とされています。

・レシチン
自然界の全動植物の細胞中にある成分で、グリセロリン脂質の一種です。食事で取り入れることも多く、体には大変安全なものです。オーガニック系コスメに使われることも多く、保水性向上、保湿効果、本来皮膚に浸透しない有効成分を浸透させる作用など他にない優れた働きをしてくれます。

・グリセリン
ドラッグストアや薬局で簡単に手に入る安全性の高い保湿成分です。ハンドクリームとしてそのまま塗る人もいるくらい、お肌をもっちりしっとりさせてくれます。無色透明で保湿剤や柔軟剤として使われ、お肌につけることで潤いベールがお肌の表面でバリアとなり外気乾燥ダメージから守ってくれます。

・PVP
ポリビニルピロリドンの略です。水によく溶ける乳化剤として使用されることが多く、整肌効果も期待できます。整肌のために合成界面活性剤が使われることも多いですが、PVPならより安全性が高く、さらにはフィルム状になるためお肌の水分を外に逃がさない保水効果にも優れています。乾燥肌の人に向いている成分でしょう。

・キサンタンガム
基礎化粧品の粘りを出すため、また安定剤の目的で使われる成分です。食品に入っていることも多い成分で、大変安全性が高く多くのスキンケア用品に配合されています。

・PEG-60水添ヒマシ油
植物の種から抽出された成分で、安全性も高井です。この成分はこれそのものの働きが直接美肌を作るというわけではなく、その他配合されているオイル成分など化粧水や美容液に溶かす役割を果たすことを目的として配合されていることが多いです。

・フェノキシエタノール
エタノールと名前がつくためアルコールにアレルギーのある人は気になるかもしれませんが、一般的にアルコールと呼ばれている酔っ払う成分が配合されているエタノールとは違うものなので、アルコールに刺激を感じる人でも安心して使えます。配合目的はアルコール成分のように抗菌剤や防腐剤として使われていますが、前述した通り刺激性が低いので敏感肌の人でも安心です。

チェルラーブリリオ 卵アレルギー

卵殻膜 化粧品を使うにおいて1番気になるのは、卵アレルギーの人が使ってもいいか?です。

実は私も中程度の卵アレルギーありです。

チェルラーブリリオを販売している会社オージオに確認してみました。

卵殻膜 手作り 美容液 化粧水 パック 作り方

卵殻膜 手作り

卵殻膜エキスの美容効果が高いとして今注目を浴びていますが、実は卵殻膜のパックなど化粧品を手作り出来るって、知ってますか?

手間がかかるのと、保存状態を気をつけること。
この2つさえクリアできれば、手作りもありです^^

卵殻膜 化粧水 美容液 作り方

卵殻膜 化粧水 美容液の材料 

・卵10個
・アルコール度数40%以上の強いアルコール約100ミリリットル
・精製水約100ミリリットル
・グリセリン約10ミリリットル

【1】卵を割る
【2】割った卵の殻を水に漬け込み1日程度寝かす。
(卵の殻を水に漬け込む際に室温が高い場合は、冷蔵庫内で行うこと。)
【3】卵の殻を乾かして、薄皮を丁寧に剥ぎ取る。
【4】卵殻膜を乾かしてから、アルコールに漬ける。
【5】10日ほど放置した後、卵殻膜を取り除いたアルコールに精製水とグリセリンを混ぜて、200ミリリットル化粧水の完成!

卵殻膜 パック 作り方

卵殻膜 パック 材料 
・生卵1個〜10個
(自分の使う日にち・量によって個数は変わる)

●作る手順
【1】卵を割る
【2】薄皮を剥く
【3】白身についていたヌルヌルしている方を顔に貼る
【4】乾いたら卵殻膜をはがして、いつも通りのスキンケアをしましょう

卵殻膜の手作りパックは気になる目元やほうれい線に部分パックとしても使えますし、顔全体のパックとしても使えます。

顔全体の手作り卵殻膜パックの場合は、私の経験上、軽く卵8個以上は必要だと思います。
基本的には1回のパックにつき、卵10個を目安に使います。
結構な量になりそう・・・と思いますが、
卵1つから取れる 卵殻膜はごくわずか。

なので、大量の卵が必要になってきます。

化粧水、美容液、パックにしても気をつけなければならないことは、生卵を使うこと。
これは絶対です^^

生卵、しかもできるだけ新鮮なもの。
(スーパーで購入して、その日のうちに手作りするとベスト)

そして、生卵は雑菌が繁殖しやすいので、まずは卵をきれいに水洗いしてから素早く作業することです。
この【素早く】というのも肝です。

化粧水(美容液)の場合は保存料が入っていないため早めに使いきることが絶対条件になってきます。
パックの場合は作り置きなどできないため、パックをする直前に作ることが必須になってきます。
私も実際に手作り経験したことありますが、かなりめんどくさいです(笑)

以上の手順で、高級化粧品である卵殻膜のエキスたっぷり化粧水やパックがかなりお安く手作り出来ます!
1回の卵殻膜パックでは、卵10個使いますが、卵は1パックで200円前後。
なので、手間はめちゃくちゃかかりますが、お安く卵殻膜の美容の恩恵をいただけます^^

毎日卵殻膜パックなどの卵殻膜化粧品でスキンケアできれば、Ⅲ型コラーゲンやプロテオグリカンを補えて、張りのある若いお肌作りが期待できます。

卵殻膜エキスにはシミを薄くするシスチンも含まれているので、美白効果も。

ターンオーバーの正常化によりアンチエイジングだけではなく、過去のニキビ跡改善も可能です。

卵殻膜エキスには、本当に沢山の美肌効果が期待できるのです。
だから卵殻膜化粧品が大人気なのですね。

しかも、それが手作りで手に入るなんて、めちゃお得ですよね?
…お安く、新鮮な卵殻膜パックや卵殻膜化粧水など、卵殻膜エキスたっぷり化粧品が手作り出来ます。

しかし、正直手間はめちゃめちゃかかります。
最初は、かなり手間がかかったのにも関わらず、失敗しました。
もうかなりダメージありました。

こんなに手間かけて時間かけたのに、失敗したので^^;
それ以来私は買ってます・・・・。

あと、卵殻膜 パック 美容液を手作りする際の注意点として、

生卵にはまれにサルモネラ菌などの恐ろしい雑菌がついていることもあるため、衛生面もかなり気をつけて手作りしなければなりません。

しかもパックの場合作り置きできないため、美肌作りの鉄則である継続が難しくなってしまいます。

手作りの卵殻膜パックの場合はヌルヌルの生卵感そのままのものをお肌につけなければならないため、抵抗を覚える人もいるでしょう。実際気持ち悪くて断念する人も多いようです。
私も実際に気持ち悪かったです(苦笑)

卵殻膜 ゆで卵

・卵殻膜 化粧水、エキス、パック、美容液を手作りする際、ゆで卵でもいいのか?

(答え) NO

ゆで卵では作れません。
必ず生卵から卵殻膜は抽出してください。

卵殻膜 うずらの卵

・卵殻膜 化粧水、エキス、パック、美容液を手作りする際、ゆで卵でもいいのか?

(答え) どちらとも言えない

うずらの卵では絶対に手作りできないとは言い切れませんが、
通常の生卵からでも、ほんの少しの卵殻膜しか取れない、しかも非常に取りにくい(剥ぎにくい)です。
なので、うずらの卵となると非常に難易度が上がります。
しかも、うずらの卵から手作りする場合は、おそらく、40個くらい必要になります。
その分コストも、手間も、難易度も上がるので、オススメしません。
うずらの卵でするメリットが見つからない・・・。
なので、結果にわとりの卵(生卵)からの手作りを強くオススメします^^
必ず生卵から卵殻膜は抽出してください。

節約のために、自分に卵殻膜化粧品が合うか試すために、まずは卵殻膜パックなど簡単にできるものを手作りするのは賢い方法かもしれません。

ただ、手作りの手順が面倒過ぎて実践して続けている人はかなり少ない印象を受けます。

だからこそ、こんなに身近にある生卵で簡単に手作りしよう!と言う人より手っ取り早く売られている卵殻膜化粧品を買っちゃおう、という人のほうが多いのでしょうね。

例えば芸能人も愛用しているとしてSNSなどネットで口コミの広がっているチェルラーブリリオは、今なら初回キャンペーン中なので2,000円以下で1か月試せます。卵1パック200円前後で考えると、手作り卵殻膜パックの場合、チェルラーブリリオのほうが実はお安く済んじゃいます。しかもチェルラーブリリオには96%の高濃度卵殻膜エキスが入っているだけではなく、フラーレンやセラミドなど美肌サポート成分も豊富に配合されているので、市販の商品もただお手軽なだけではない良さがあるのですね。
卵殻膜化粧品を手作りするも良し、チェルラーブリリオのような話題の商品をキャンペーン価格で手軽に手に入れるも良し、どちらにしても美肌を目指すなら卵殻膜エキスを試してみる価値はありそうですね。